健隆について
健隆について
会社概要ホーム > 健隆について > 会社概要
健隆生物科技株式会社

健隆生物科学技術株式会社は2007年4月設立し、内モンゴル自治区フフホト市大唐托電気工業園区にあり、主な業務は生物のポリマ-キサンタンガム生産販売して、会社の製品は食品原料配合、石油掘削、医薬品、化学工業など多い領域に広く使います。2015年11月6日、健隆生物正式に全国の中小企業の上場株式の譲渡システム;12月9日、全国の中小企業の株式の譲渡システム有限責任会社で盛大な儀式に上場する鐘を鳴らす、2016年、会社が新しいサンパン革新層。

現在、会社キサンタンガムさん万トンの年間生産能力、国内業界ランキングで3位、会社の生産技術にが優れ、生産ラインはヨーロッパ技術チームを設計して、国際的な基準に従って建造。また海外の優秀な発酵攪拌導入システム、引用真空密閉乾燥システムと全密閉包装システム、生産高品質高付加価値製品の頑丈な基礎を打ち立てました。


健隆生物科技株式会社

種菌の選択と育成はキサンタンガム生産量と質を向上る主な要素の一つで、会社は長年の菌を選別通して、優良な種菌チームを形成した、大きな束配向スクリーニングの体係設立しました、同時に高校協力種菌遺伝子改良を蓄積して、大量のそっくりさん菌株を蓄積して、会社の特有の種菌の体係を形成した,型式によって製品の生産が特定の種菌の対応がある、製品の品質を高め、生産コストを下げる。

ユーザー至上、品質は先には会社が一貫して追求です。会社は原材料と補助材料の受入から生産工程管理、製品検査まで、製品の出荷を確立した一連の厳密な品質管理システムが設立しました,生産過程を24時間フルの監視、全員を実行する,全過程の品質管理を実行する。会社は国際標準制定により厳しい企業内部統制基準、ISO 9001品質管理体係認証、ISO22000食品安全管理体係認証とBRCイギリス小売業協会認定。

会社は積極的に基礎研究と応用研究の開発の投入を増大して、絶えず製品の構造を最適化し、国内石油級キサンタンガムハイエンド市場が拡大し、国際市場の石油メジャー級販売増加;会社は食品級キサンタンガムアプリケーション開発については、お客様のために設計案の開発で、製品構造を最適化して、市場のレベルを深く細分、会社全体の収益は大幅に向上させる。石油級キサンタンガム世界500強の企業のお客様がアメリカシュルンベルジェ、イタリアEni石油、インド国営石油会社、中海油ONGCサービス会社、石油やイラク南方の石油会社、アラブ首長国連邦OREN、カナダQ」MAXなど、食品級キサンタンガム側面で、会社の取引先が世界のトップ企業グループ:イギリスタイラーグループ食品具、国内乳業大手伊利集団など。

世界の優れたキサンタンガム工場する、世界の環境保護、天然、機能性食品具製品先駆けする世界企業、優れた生物製品企業は私たちが健隆人のせっせとねらう努力目標。